坐骨神経痛の治療について

座骨神経とは人間の体の中では最も深く、一番長い末梢神経であり、腰の部分からつま先まで伸びているという特徴があります。

この坐骨神経が圧迫されるなどの衝撃を受けた場合に、腰やおしり、太もも、ふくらはぎなどに電気が走ったような鋭い痛みや、ピリピリとしたしびれ、強く張っているような感じの症状が生じることを坐骨神経痛と呼びます。

坐骨神経痛の原因は特定できる

この痛みの原因ははっきりと特定できることもあります。

例えば腰椎椎間板ヘルニアや、腰部脊柱管狭窄症などの疾患が原因となって症状が現れている場合には、これらの病気から発生している症状という扱いになります。

坐骨神経痛は原因となっている疾患が分かりやすい症状でもあるため、病名としてではなく症状として扱われることがほとんどです。しかし検査をしても何も原因が見つからない場合には、坐骨神経痛という病名が使われることになります。

腰椎椎間板ヘルニア

坐骨神経痛の原因としては、まず第一に腰椎椎間板ヘルニアが挙げられます。

背骨は椎体と呼ばれる骨により構成されていますが、椎体と椎体の間にはクッションの働きをする椎間板と呼ばれる軟骨が存在しています。

この椎間板がはみ出したり飛び出してしまうこと椎間板ヘルニアであり、腰部分の椎間板でこれが発生した場合には、神経を圧迫して坐骨神経にも影響を及ぼします。

特に同じ姿勢を長時間続けていたり、急に重たいものを持ち上げた際には発症する危険性が高まるでしょう。

腰部脊柱管狭窄症

そして2番目の原因が腰部脊柱管狭窄症です。

脊柱管は背骨の中央部分にあり、脊髄と神経が通っています。

この脊柱管が狭くなる病気であり、腰の痛みや足のしびれなどの症状を引き起こすことになります。

この多くが加齢により腰椎が変化したことで脊柱管が狭くなることで発生します。

変形性腰椎症

そして変形性腰椎症というものも原因とされ、加齢や同じ姿勢を長時間続けたり、運動などで腰に急激な負担がかけられたことによって神経が圧迫され腰に痛みや足のしびれをひきおこすものです。

痛みを改善するためには、なるべく重いものを持たないことや長時間同じ姿勢をとらないこと、激しい運動を避けたり安静にすることなどがあげられます。

坐骨神経痛の治療ならはりきゅう接骨院 姿勢堂 出雲院にお任せください。

原因になっている疾患により改善方法は異なり、改善方法を間違えたがために悪化する可能性もあります。

場合によっては歩行が困難になるなどと重篤な症状を引き起こす可能性もあるので、治療を受ける場合にははりきゅう接骨院 姿勢堂 出雲院へお任せください。

坐骨神経痛にお悩みならはりきゅう接骨院 姿勢堂 出雲院にご相談ください。

まずはお気軽にご予約・お問い合わせください

まずは今すぐ下に表示されている番号へお電話ください。そうするとスタッフが電話にでますので『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。

あとはスタッフがあなたの症状などをお尋ねしますので、簡単で構いませんので希望の施術日と痛みの現状をお伝えください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

tel:0853-25-2588

お問い合わせフォームはこちら

※ご予約のご確認はお電話にてさせて頂いております。

受付時間【定休日】 日曜、祝日

Google Map

住所:〒693-0051 出雲市小山町633-1 JA出雲四絡支店横

tel:0853-25-2588

お問い合わせフォームはこちら

受付時間【定休日】 日曜、祝日

Google Map

住所:〒693-0051 出雲市小山町633-1 JA出雲四絡支店横